出没?アノ街ッテ天国

東京都の美味しいを紹介するグルメ情報通信

草月【東十条駅】

今回は東十条駅にある「草月」(http://www.sogetsu.co.jp/)さんの「黒松」を頂いてみた

なんでもこちらは「東京三大どら焼き」なるものの1つなのだそうだ

 

東十条で連日、行列をなしている老舗和菓子屋さんであり、ネット販売は行っていないそうで、店頭でのみ購入可能(地方発送もしているが、草月さんで予約をする)

 

因みに、こちらの草月「黒松」と言う名前は商標登録されており、第15回全国菓子大博覧会で金賞を受賞した銘菓だそう

 

そんな草月「黒松」がこちら

 

f:id:sweetdevil39:20180205122527j:plain

 

f:id:sweetdevil39:20180205122546j:plain

 

包装を開封

f:id:sweetdevil39:20180205122603j:plain

草月さんのどら焼きはなんと言ってもこの他のどら焼きにはない縞模様が特徴的

包装を開けると黒糖のような甘い匂いが漂ってくる

 

半分に切ったところ

f:id:sweetdevil39:20180205122616j:plain

スポンジは中まで茶色く色付いている

 

中身

f:id:sweetdevil39:20180205122632j:plain

餡はつぶあん

 

 

早速試食

 

一口食べた瞬間、黒糖のような風味がまずする

それがしっとりとした生地とふわっとした口触りでなんとも優しい食感

 

生地自体が黒糖風味でしっかり甘いからか、中の餡の甘さはさほど感じず、食感と餡子の風味を感じる程度

 

しかし黒糖風味の生地と餡子が合わさると、やはり美味しい

 

 

原材料には「砂糖、小豆、小麦粉、卵、蜂蜜、塩、寒天、重曹とあるが、草月さんのサイトでは黒糖と蜂蜜を使って焼き上げましたとあるので、砂糖は黒糖で間違いないようだ

 

f:id:sweetdevil39:20180205122646j:plain

 

東十条に出向いた際は是非並んで食べてみる価値がある、他にはない個性的などら焼きだ